※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パソコンの動きが遅い時は

最近のパソコンではあまり見られないが、古いパソコンでWindows XPを使うと動作が非常に遅い(重い)ことがある。
メモリが少ないことか、ハードディスクの回転が遅いことが主な原因。

ハードディスクはどうしようもないので、メモリ側の対策。

  • スタイルを「クラシックスタイル」にする
  • 「視覚効果」をオフにする
  • デスクトップに壁紙を使わない
  • デスクトップにあるアイコンを最小限にする


スタイルを「クラシックスタイル」にする

デスクトップの何もない部分を右クリックし、メニューから「プロパティ」、または、[スタート]→([設定]→)[コントロールパネル]を開き、「画面」をダブルクリック。

上部の『デザイン』タブをクリックし、「ウィンドウとボタン」のリストボックスから「windows クラシック スタイル」を選択する。


「視覚効果」をオフにする

  1. マイコンピュータを右クリック、「プロパティ」をクリックし、【システムのプロパティ】を表示させる。
  2. 『詳細設定』タブの「パフォーマンス」ラベルにある「設定」ボタンをクリックし、【パフォーマンスオプション】を表示させる。
  3. 「パフォーマンスを優先する」を選択するか、チェックボックスのチェックを全て外す。『フォルダでよく使用するタスクを使用する』はチェックを残しておいていいかもしれない。


  

サイト内検索



NEWS



Amazon Ranking