※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このWIKIって?

2006年フランス・ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞での日本人観光客のあまりのマナーの悪さに呆れ果てた競馬ファンが、今後同じ過ちを繰り返さないよう後世に残すためにまとめたものです。

凱旋門賞って?(WIKIPEDIA[日本版]より)


1920年に第一次世界大戦後に衰退したフランス競馬再興を掲げ、かつての大レースであるパリ大賞典に匹敵する大レース創設を目指しパン・ヨーロッパ(欧州一)、パン・ワールド(世界一)を目標として誕生した国際競走である。

エプソムダービーやケンタッキーダービーと並び、ヨーロッパのみならず世界中のホースマンが憧れ、勝利を目標とする世界最高峰の競走の1つである。

2006年凱旋門賞概要

2006年、極東から一頭のサラブレッドがロンシャンの地に降り立った。
その名はディープインパクト。
その実力はフランスの実力馬ハリケーンランやシロッコをも凌ぐとされ(笑)、2006年の凱旋門賞はこの三強の戦いと位置付けられた。
(中略)
結局ディープインパクトは3着に終った。
|