米アップル製の携帯デジタルプレーヤー「iPodナノ」の初代モデルが充電中に過熱・焼損する事故が相次いでいる問題で、同社は代替品との無償交換の受け付けを始めた。

 同社などによると、初代モデルは2005年9月~06年12月に181万台余が販売された。一部のバッテリーに不具合があり、充電中の事故がこれまでに76件起きている。

 昨年8月に経済産業省から再発防止の徹底を指示され、連絡してきた全ユーザーに対し、バッテリーの無償交換に応じていた。その後も事故が15件起き、経産省からより踏み込んだ対応を求められていた。

 すでにバッテリーを無償交換した人も、代替品との無償交換の対象になる。

4日に打ち上げられたロシアの有人宇宙船「ソユーズ」が16日、国際宇宙ステーション(ISS)に到着し、予定通りドッキングを果たした。ロシア宇宙庁が発表した。

 ISSに長期滞在中の日本人宇宙飛行士、古川聡さんらの交代要員が乗っており、一時懸念されたISSの無人化が回避された。
アゲハチョウの母親は、ミカンなどの葉しか食べない幼虫のため、ミカンを見分けて産卵する。その際に働く遺伝子を、JT生命誌研究館と大阪大、九州大などが明らかにした。幼虫の食べ物選びをふまえて産卵するという昆虫の本能を、遺伝子レベルで解明したのは初めて。環境の変化に合わせて昆虫がどう食べ物を変え、進化してきたかについて理解が深まりそうだ。

 アゲハは卵を産む葉の味を前脚にある毛で感じている。JTの尾崎克久研究員らは、ミカンの葉が出す物質に反応する遺伝子をコンピューター解析で推測した。この遺伝子を働きにくくすると、ミカンの葉が出す物質を味見しても2割しか産まなくなった。普通のアゲハは7割が産卵した。